2008年03月28日

3月ラブカードセッション中間2

3月24日に行った妙さんとのセッション
http://ktae.blog41.fc2.com/

妙さんは、今「ファーストサンダー」を読んでいると言っていた。
読んだことありますか?と聞かれた。

読んだことがある。蓮ちゃんの質問にも答え、ギフトを頂いた。

賞賛・感謝・愛・同情が平安をもたらす内容。

ガイドブックのスーパーアセンションを3月になってから読み返していた。
実践だと思って・・・。

この本も朋からギフトで頂いたものだ。
朋ブログ⇒http://jules.blog.shinobi.jp/

愛だな〜。と思った。


で、ラブカードセッションの妙さんのお題は、

「今、私が気をつけることは何ですか?」

飛び出したカード 自分を知る 95

右 日常はスピリチュアル 89
左 3

妙さんが
「日常はスピリチュアルって何ですか?日常的に、「これ、メッセージ事?」なことは結構あるので、その線に沿って進みましょう、っていう事なんかなあー」
と言った。

蓮ちゃんからのエッセンスをわたし流に思う「日常はスピリチュアル」を話した。

わたしは、今の自分環境は、自分で創り出したものだと思う。
家族も家も・・。
具現だから・・・。
具現はうそをつかない。自分を知ることになる。

スピをやってるときだけがスピではない。
イニシエやセッション中だけがスピじゃない。
日常暮らしていることがスピリチュアル。
霊性・愛から物質が創りだされる。
自分の愛が真実になればなるほど、霊性は進み、具現が変わる。

3はチャクラで感情。感情のバランスに、ファーストサンダーが役立つよ。

↑実践してなんぼだとつくづく思う。


つづいて、わたしのお題「今のわたしに必要なエッセンス」

左 二元性 87
右 誰もが特別の存在 104


うちのダンナは、私と正反対。で、ものずごく私と対立する。似てるところもいっぱいあるんだけど。
それはわたしが創造したからで・・・。

二元性で、誰もが特別な存在とは、わたしの中でスピを受け入れないダンナも、スピリットであることに変わりはないわけで・・・。

上記の内容のスカイプ会話中、

途中、妙さんに電話が入り中断。

わたしはメッセージだと思い、「もしよかったら、誰からで、男性・女性どちらからか教えてくれる?実践どころだと思う。」と伝えた。

妙さんのご主人からだった。

男性性からのメッセージ。

そこからお互いのダンナの話をした。

わたしはダンナに同じように探求をして欲しかった。で、コントロールになった。そこには配慮と思いやりが欠けていた。エゴだった。

夫婦間でコントロールは制限つきの関係。機能不全。
聖なる関係は、コントロールなし自由。


日常でスピリチュアルを直に感じられるのは、パートナーシップだとつくづく感じる。自分を知る。

パートナー間で、賞賛・感謝・愛・同情を実践していたら・・・・。と思う。ずっと前に知っていたのに・・・。


スーパー・アセンションより抜粋

真の同情とは、苦しみが誤って理解されていることを見て取り、それは悟りのためには絶対に避けられない出来事であると認識し、さらにそのことを分かち合うことによって苦しんでいる人の意識レベルを上げてやることです。
これを、相手に軽蔑したような態度や、優越的な態度でやってはいけません。完璧な愛をこめてやるのです。



実践どころは、

「素晴らしい。ありがとう。愛してる。」を言葉に出すこと。
すると、同情は副産物のように現れる。

感情の嵐が来たら、自分に優しく語りかけよう。
自分を愛するために。


Harmony  〜調和〜
支援クリックのご協力お願いします^−^
精神世界ランキング


posted by map at 02:29| Communication Ship | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする