2007年12月29日

自分を守護する奉仕

先日、奉仕を龍さんを通し、蓮ちゃんに申し込んだ。

奉仕のその日は、外は雨。まるで、浄化するように激しい雨だった。

わたしは、申し込んだが、今日は違うと思った。

わたしがすべき奉仕は、自分を守護する奉仕だと思った。
内的パートナーシップ。

それは、自分の気持ちを安心させつづけ、バランスを保つことだと思った。

この気づきに至ったのは、スムーズではないから。
ことがおこる。

メールやら、具現やら。いろいろと起こった。

まるで内観しなさいといわんばかりだった。


なので、龍さんに、

> 今日の奉仕は自宅で奉仕します。
>
> 神聖領域に奉仕にいくのもイニシエーション、内的プロセスだなと
> 思いました。
>
> どこにいても守護者を徹底して学びたいと思います。


その時、私がやらなければならないことがメッセージとして届いていた。それにセンターを保ちながら、対処してから、送ったメールだった。

この作業をしながら、まるでイニシエーションのようだと思った。

なんだかすごく眠くなって、ベットで2時間ほど休んだ。


目覚めて、この日は、奉仕がないことがわかった。



すると、龍さんからメールが来た。
この内容のメールは蓮でもいいと思うと。報告ではなくポイント抑えてメールするようにと。

蓮ちゃんにこのメールを伝えてくれて、蓮ちゃんがこの気づきをブログアップするよう促してくれていると伝えてくれた。

わたしは嬉しかった。

そしたら、蓮ちゃんからもメールが来た。

コミュでアップしてもいい?と。

素敵メッセージのトピに挙げてくれたのだった。

神聖さがわたしのコミットを認識するよう、促してくれた。


奉仕はなかったが、神聖さからの連絡を引寄せた。
蓮ちゃん(神聖さ・スピリット)からの直接のコンタクト。


わたしは、先日のイニシエーションまでの過程を思い出した。
イニシエーションを引寄せるまでの内観のプロセスと同じ。


こころ乱すような出来事にひるまず、軸を保ち、冷静に対処、イニシエーションを申し込んでいないにもかかわらず、受けることができた先日のイニシエーション。

わたしはその間ずっと、内観していた。

イニシエーションを引寄せることができること。これがイニシエートなのだとも感じた。

わたしの望み。

イニシエートであり、役割。
あなたの望みを果たすこと。

by スコースロッソ


イニシエートとは、内観に内観を重ね、洞察力、直感、内のバランスに優れていることではないか?と思った。

蓮ちゃんを見ると高次に沿うとき、軸ぶれしてたら、沿えない。
しっかりした感情の制御ができているのだろうな〜と思った。

いきなり、蓮ちゃんのようにパイプになれるのが、イニシエートではない。

いろんなパイプがある。蓮ちゃんのようになるには、それまでの過程があるわけで。

その基本に自己探求があり、内観があり、自分の守護があり。神聖さの守護がある。

自分の守護とは、内観のことではないかとつくづく思う。
自分の気持ちを聞き、安心させ、センターを保つこと。愛を保つこと。

そのうえで、動の守護をとるというのかな〜。

蓮ちゃんに対しての動だ。神聖さの守護。


蓮宅への奉仕、神聖領域への奉仕は、イニシエーションの場。

イベントでのイニシエーションと同じ。

いかに自分をその状態に持っていくことができるかだ。
愛に触れる状態。本来の自分に逢う状態。

蓮ちゃんに触れているときは、意識を集中しセンターも保っていられる。神聖さが守護してくれているから。
リセットも自然に促してくれる。

が、これを自分でやるとなると、意識がずれる。

そのレッスンを自宅で奉仕しようと思った。
自分に。
わたしがどこにいても自分を守護できるように。

一瞬でぶれる意識を即座に愛に戻すレッスン。
愛を保ち続けるレッスン。

顕在のわたしは、何も知らないし、わからない。
でも、うちのわたしは知っているのだ。どうすればいいか。
それが顕在に上がってくるまで、何度となく同じよう課題が出るわけで。

根気と忍耐だ。意識の継続。
内なるパートナーシップ。



Harmony  〜調和〜
支援クリックのご協力お願いします^−^
精神世界ランキング


posted by map at 23:14| Partnership | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。