2007年08月29日

火の守護者としての3日間 2

8.25(土)この日は、カレッジの前にdozenの探求サポがあり、同席することになっていた。

dozenの宿泊先のホテルに向かう。途中、なにげにカフェに目が行った。が、ホテルの部屋でサポするのだとばかり私は思っていた。思い込みだった。。。。

ホテルのラウンジは改修工事のため、壁がはがされ、えらいことになっていた。dozenはこのラウンジで探求サポの予定だったそうだ。が、あえなく断念。

ファミレスがあったよ。と私。

しまった。と思った。蓮ちゃんの心地よくなるような場所の選択ができなかった。すかさず蓮ちゃんはしゃれたカフェを発見した。
そこは、ホテルに行く前に目が行った場所だった。。。。。

自分の霊性ももっと信頼しようと思った。

で、サポ終了し、あざみ野のカレッジへと向かった。

ここでは、私は8.19にやったシンボルリーディングのレッスンを同じ内容で話をした。引き寄せの法則について。
同じ内容、同じ質で話すことの大切さを知った。課題だと実感する。

その後、イニシエ。健二久美夫妻が揃って現れた。懐かしかった。
彼らは同じ火の守護者。それも軸組み担当。早くカレッジに戻って欲しいと思っていた。

イニシエで健ちゃんがコミットするよう促された。私は横でじっと彼を見つめていた。
彼がアシュラムに入り奉仕したいといったとき、私はそうそう早く来い!と思っていた^^;

すると、蓮ちゃんは「アイム ウジュラーム」と言い出した。

私は思わず目が点になり、固まった。

「あなたの役割、わかりましたか?」とウジュラーム。

私は「わからない」と言うと、「OKチェンジ」と変わってしまった。

今思うと、しまった。。。。。。。。である。

その後、また健ちゃんが、私の手の上に手を置き、コミットした。そのとき、私は左胸が痛かった。コミットし終えて、立ち上がろうとすると左腕と左上半身に激痛が走った。息もできないほどに・・・・。

しばらく、横になった。受容できてないと思い、受容します。とコミットした。すると痛みは引いた。

健ちゃんは私の男性性の具現でもある。その彼が神聖さにそうというコミットしていたのだった。

それを受容してなかったということか。。。。。。

私の動を受容していないことになるわけで・・・・。受容する。コミットした。

私の動はいけているのだ。
認めていないのは、何を隠そうこの私。

実際、細かいが、私がイニシエに花を選ぶとき、目が行った花を手にしていた。それを見て蓮ちゃんもその花がいい♪と思っていたそうだ。

ささいなことだが、私には大事なエッセンス。
そして、自分を認めるエッセンスでもあるのだ。

夕食後に明日はカレッジに直行でいいのか?とdozenにたずねると任せるとのこと。
もちろん、私は「お迎えに上がります」だった。


Harmony  〜調和〜
支援クリックのご協力お願いします^−^
精神世界ランキング
posted by map at 22:55| Comment(0) | Love S Peace  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。