2007年07月12日

renクラスで過ごした時間を振り返ってみる。

以下はmixiのspirit communityにて、renクラスの宿題として書いたもの。

宿題「ひとつきRen classを過ごした感想」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5月から奉仕をはじめ、今に至る。

はじめて、蓮ちゃんちに行って、私は掃除がしたくてたまらなかった。
ものすごい勢いで、掃除機はどこ?と聞き、空気清浄機のフィルターのほこりを吸い取った。

洗濯機もフル稼働させた。

鏡も拭いた。

すっきりした♪

私は蓮ちゃんちは私のこころの中だと思って奉仕に出向いた。
だから、きれいにしたかった。

浄化し、ウジュラームに会いたい。一緒にいたい。

ここからである。

今まで私がスルーしてきた核の部分のエゴを浄化するのは・・・・。

夫と向き合うこと。家とカレッジとの問題。子供たちのこと。

痛かった。

5月の伊勢スピチャリのときはピークに達し、離婚だ!の勢いだった。

スピチャリに出かけるのに夫(ホテルに外泊が続いていた)は帰ってこない。子供たちはどうする?葛藤した。2日間も子供おいてでかけるなんてどうしようか・・・・。

が、実行した。2日分の食事を用意し、出かけた。もうこころが壊れるほどだった。

途中の駅で、家に電話した。すると、パパかえってきたよ。と長男。これから、温泉に行くんだ。と弾んでいた。

ほっとした。

夫は、不満そうだった。が、感謝し、電話を切った。

はっきりいって、結果オーライではあるが、かなりやりすぎである。

神聖さを信じ続けた結果、夫は帰宅してくれたわけだが、子供たちは大変だったろう。

このことがあって、夫とメールのやり取りをした。お互いの不満爆発メール。あるとき、私はふと、視点を変えた。すると、相手も変わることを実感する。

時は同じくして、カレッジ生からも同じようにエゴメールが届いた。内容もほぼ似ている。カレッジについてだった。

シンクロするもんだ〜と思った。

そして、どちらも攻撃ではなく、愛で対応することが大事だとも実感した。

実感実感の連続。知らぬ間に体験している。そして、私の中にある知っている感覚を体験していく。

知識を体験によって、叡智にするのだ。

この叡智は、先日の京都カレッジ、シンボルリーディングのレッスンで私は体験した。

ハートが私を超えて話している。そんな感覚。私ではないような。私のような・・・。

renクラスで軸をしっかりさせているのだ。とも思った。
バランスも。

それは何気ない日常のやり取りから始まる。だからこそ、気を抜けない。

自分に向き合う真剣さが必要。痛い部分をこれでもかと見るから・・・。

自己探求とは、こころのうちを見つめ、ブロックを探し、リセットする。の繰り返し。この作業を目に見える形でやっているのが、奉仕だと私は思う。

しかも、renクラスも奉仕中に行っているのだから、リセット早いはずである。

そして、軸・バランスの基礎固めをしている。

拡大するのに、カレッジ側の人間がぶれては、もともこもないし・・・。

今はその準備なのだとも思う。

だからこそ、エゴもたくさん浮上し、愛に変換の作業が進むのだ。

大変のなのは、みんな同じだ。

renクラスにいるから大丈夫。はない。すべて自分次第。

いかに、奉仕の時間、renクラスの時間を自分のために活用できるかが勝負だ。奉仕しながら私は内観をよくする。電車の中でも歩いていても・・・。
自分の「ブロックを外したい」それだけだ。

基礎固めをし、蓮ちゃんを守護できるようになりたい。霊的自立したい。それだけ・・・。

私の役割 火の守護者を実行したいのだ。それはウジュラームの願いだと思う。

Harmony  〜調和〜
支援クリックのご協力お願いします^−^
精神世界ランキング


posted by map at 17:49| Comment(0) | Love S Peace  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。