2007年07月11日

アセンションのシンボル

6月のイベントで、ハチドリのひとしずくをレッスンで取り上げた。

http://thunderbird78.seesaa.net/article/46117554.html

その後、ハチドリというキーワードがずっと私の中であった。

レッスン後、何気なくエオラジェムストーンリーディングをやってみた。
http://aora.jp/reading/aora.html

すると、何のカードだったか、忘れたが、「ハチドリはアセンションのシンボル」というのを目にした。目が釘づけだった。

すごいわ〜と思いながらスルーしていた^^;

で、先日の奉仕で、みんなで話しているときに私はポロっとエオラカードでハチドリはアセンションのシンボルと書いてあったよ〜と口から出ていた。

一同、驚く。

でも意味は知らないな〜^^;

で、空 http://soranosanpo.blog.shinobi.jp/ が「カード持ってるから調べるね♪」と言ってくれた^^ラッキー☆

で、後日の奉仕で今度はスカイプに椿http://tsubaki876.blog108.fc2.com/ 
から「ハチドリとアセンションの関係を教えてくれる?」と来た。

またまた、「ハチドリだ〜」と奉仕中に叫んだ 爆

すると、蓮ちゃんが昨日、椿とスカイプしてて、「mapがハチドリはアセンションシンボルって言ってたよ〜」とコメント入れたわ☆と言った。

なんか、回りまわってるな〜と思った。

で、椿にカードの話をすると、椿もそのカード引いたことがあるとのこと。またまたびっくり。で、内容を保存しているから調べると言ってくれた。

私はしめしめ〜♪教えてもらえるぜ〜と喜んだ^^

で、そういえば、空はどうしたっけと聞くと「カード見たけどわからなかった。」


ランチ途中でdozenとこの話をしながら、龍さんも何度がカード引いたけどわからなかった。とのことだった。私はキーワードは椿だ〜と思った。


が、その後、椿もわからなかったとスカイプが来たのだった。

これは、私が自分で探すしかないのか〜!とカードのサイトを調べに行った。


出てきました♪そのカードは、ジャスパーだった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

22
パワーストーン:
ジャスパー
壮大な計画

常に大地の美しさに触れながら、自分が演じている役を大切にしなさい

ベース(第1)と第3の目(第6)
ブラウン、グリーン、ブラック、黄褐色とブルーのコンビネーション
タッチストーン
「壮大な計画」のカードは、私たちがアセンションと呼ぶプロセスのエネルギーを開きます。これは全ての人間がスピリチュアルな存在になるための、最終的な変容です。ジャスパーのファミリーは非常に広範囲にわたります。一般的にジャスパーは、生に対してとても肯定的なジェムストーンです。それは強さ、勇気、そして希望に対する感覚を養い、粗野な状態からエネルギーを解き放ち、ちょうどアセンションのシンボルであるハチドリに示されるように、それが螺旋状に上昇することを促します。

ピクチャージャスパーは恐らくジャスパーのファミリーの中で最もパワフルな石でしょう。それはベースチャクラと第三の目のチャクラのエネルギーセンターが互いに調和を取りながら作用するよう、それらのセンターを活性化します。ピクチャージャスパーは一方ではグラウンディングを、そしてもう一方でインスピレーションを刺激する創造的なエネルギーをもたらすのに助けになる道具です。このジェムストーンは私たちを取り巻く地球の美しさを思いださせ、思い起こさせます。それは自然、大地の地形、そしてオープンスペースの壮麗さをより深く味わえるようにしてくれます。ピクチャージャスパーは絵を描く人々と強くつながるため、多くのアーティストやデザイナーたちがこの石に惹かれます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ハチドリのひとしずく〜私にできること〜

自分にできることをする。

これが、意識が螺旋状に上昇することを促すんだ〜と思った。

シンプルなんだ。

私は、カードを知らせたけど、結局、わからず、他者に教えてもらおうとした。が、最後には私が自分で探した。

私はできるのにやらなかったのだった。。。。。

この日記も蓮ちゃんに促されて書いたのだ。
カード見つけたよ〜とスカイプしたら・・・。

私は最近ブログ書いてないし・・・・。
やれるのにやってないことあるもんな・・・・・。

反省だ。。。。

私にできることやります☆


Harmony  〜調和〜
支援クリックのご協力お願いします^−^
精神世界ランキング


posted by map at 00:48| Comment(0) | Research Diarys | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。