2008年06月27日

ラブスピースのスゴイトコロ

パスワード法則に沿っている
流れに逆らわず、常に変化している。川の流れのように。
自然のサイクルは、美しい流れを作っている。
種を蒔き、刈り取る。波及し受容する。その循環を各自が行い、全体の調和を拡大していく。

パスワード実感、体験を積み重ね、さらに法則を知っていく
まずやってみる。
自らの意志で体験し、その体験を理解していく。たくさんの経験が
その起こる物事の流れには意味や法則があることに気づいていく。
その気づきは真実、愛、叡智となって、身につく。
知識は気づきの裏づけに使う。

パスワード自由と、自主性
選択肢はさまざま。いっさい強制はない。
本人次第で自主的に選択して学んでいく。

パスワードマイルールを打破していく
自分で創ったマイルールはエゴ。恐れ。などで浮上してくる。
これらは人間関係の中に見つけやすい。
人とのコミュニケーションの中でいかに実践し、身に着けていくかで、
感じ方が変わる。
それは同じ場所や環境にいながら、違う場所や環境に移行したようになる。
心地いい環境に変わる。


パスワード自分を省みて、成長を実感できる
自己探究を続け、過去を振り返ったとき、今の自分の変化に驚く。
日々の生活を意識的に過ごすことで、自分のユニークさ(個性)を取り戻していく。

パスワード純粋な媒体(パイプ)=Renがいる
Renはみんなと同じようにずっと探求を実践し自らも日々純化し続け、常に高次とつながり共にいる存在。
パートナーのRyuと共に実践し続けている先駆者。
Renに触れることが、自分の内にある広大な愛に触れやすくなることがわかるだけでなく、このRenを知ることが自分自身を知る大いなる鍵となっている。
高次のアクセスの純粋なパイプを、高くて豊かな霊性をもって担っている存在。
ラブスピース全体だけではなく、各個人にも個人用の霊的メッセージが常に伝達される環境。

パスワード教科書は存在しない。
自己探求での学びにあったエッセンス本のシェアはある。
それらエッセンス本をゲットし、活用するかは自分次第。
必要な本は、自らに引寄せられる。そして目の前にやってくる。
そのとき手にするかは、自分次第。
エッセンス本や体験を実践したなら、それは自分だけの真実として自信を持つ。
本を読むだけでは、実践したことにはならない。
それは、生きた教科書となる。その身に着けた知恵をシェアすることでお互いの滋養となる。

パスワードスキルでは成長しないことを実感
自己探究していくことで、確実に成長していく。
そして、いつの間にか、ミラクルが起こる。そして実感する。
これは、やってみたものでなければわからない真実。
いくらスキルをこなしても、真実には至らない。
実践してはじめて伴う真実。
自己探究とは自分を愛すること。それが最大で、最短の霊的成長への道。

パスワードスキルではなくエナジーを扱う
自分がエナジーなのだとラブスピースで体感することになる。
それは感情が一番わかりやすい。
この感情というエナジーを自分のものにしていく。
感情をコントロールしていくことで、知覚・感覚が鋭くなる。
無駄なエナジーを使わず、自分のためにエナジーを扱うようになる。

パスワード一貫性はあるのに、変化はすごい
ラブスピースは、自分を愛することを基本とする。
ただそれだけのことと思うかもしれない。
しかし、愛し続けた結果のその変化はものすごい。

パスワードあるがままで神秘、でも、事実
自分は自分のまま=あるがままで生きることがナチュラルだと知っていく。
どんな奇跡も、自分で起こせることがわかるようになっていく。

パスワード過去現在すべてが学びでムダがない
今まで、育ってきた環境とは、きっと真逆のことが歓迎される場所。
あなたは、あなたのままでいい。自分を押し殺さなくてもいい。
不必要な責任を負わなくてもいい。
過去のつらい体験は、今の成長の糧になる。
本来持っている特質を伸ばすことが、歓迎される。

パスワード内的平和は現実の世界平和につながる
幸せになる たった一つの法則が、ここにある。
世界中の人が自分の幸せに自分で責任をもち、自分で自分を満たしていたら、戦争なんて一瞬で消える。
それをラブスピースでは“リアル”に体験していける。

パスワードいつでも、リセットできる
人は完璧ではないから、間違いや失敗は誰だってする。
ラブスピースでは面白いことにそんなことが歓迎される。
大切なのは、そこから何を学び、どう活かすか、の土壌だから。
不全さは、すべて愛の合図として据えられ、内奥にあった隠していたものが浮上すると愛に変換するふさわしいときがきたと歓迎される。
チャンスやギフトに変えるのも、自分を責める材料にするのも、本人次第。

パスワード気づき、直感
ラブスピースで気づきや直感がふんだんに養われる。
どちらもアセンション(意識上昇、本来の自己への帰還)には必須のもの。
そのおかげで自給自足が向上し、なにより気づくことが楽しくてしょうがない。
ラブスピースでは「気づき」が重んじられ、それはなぜかというと、実際に気づきから変化変容していけるから。

パスワード不全ささえ、学びに変え、ありがたがられる
機能不全社会で身に付けた不全。
スピリットの持つ「クセ」を、現場(ここ)で体験し、気づき、愛に変換して学ぶために、
わたしたちは自分にふさわしい環境を選んで生まれてきた。
だから、愛に換える材料の不全さは、ここでは歓迎される。

パスワード自給自足
ラブスピースは自主性だけでなく、自給自足であることが重んじられている。
依存や盲目さは、まったく歓迎されない。
マイルールをはずすたび、自由を自分のものにするたびに、依存や盲目が自動的に溶かされていく。
内的な自給自足だけでなく、スピリチュアルで暮らしていけるよう経済的な自給自足の環境も用意されている。

パスワード安全/安心
心が枯渇することによって社会に溢れている男女の不全が、ラブスピースでは歓迎されない。
法則を自分自身に適用することが歓迎され、そのために自動的にこういう不全から自分自身を守れるように変化していく。
だからこそラブスピースは、またラブスピース内の人間関係は、安全で安心できる場所であり、男女の恋愛ものびのびと行われている場所である。

パスワード共同創造
ラブスピースは高次/スピリットたちと実際に共同創造されていることがリアルに体験できわかる。
その体験は常に継続され、日常がすでに共同創造であることもよくわかる。
ラブスピースは、本で知ったようなことが実際に起こっているところであり、それを体験し自分のものにもできるところ。

パスワード日常がスピリチュアル
ラブスピースで体験すればするほど、自分自身がいかにスピリチュアルで、そしてこの毎日にもふんだんにスピが溢れていることがわかる。
自ら身をもって真実を体験し、実際に味わえ、その変化に本当に驚くことができる。
だからこそラブスピースに入るまでに知った体験したスピリチュアルがいかに幼くドラマティックだったか、スキルやマニュアルに囚われる傾向にあり偏りのある近視眼なスピリチュアルしか味わってなかったかが、如実にわかっていく。



かわいい探求シップ募集中
  http://lovespeace-ashram.seesaa.net/article/97681698.html

かわいいLove Spiritual Peace Commumity
  http://mixi.jp/list_bbs.pl?id=1050449

かわいいラブスピースとは
  http://lovespeace-ashram.seesaa.net/



Harmony  〜調和〜
支援クリックのご協力お願いします^−^
精神世界ランキング
posted by map at 01:33| Love S Peace  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。