2008年03月31日

3月探求シップ感想

今日3月31日は、昨年神戸に引越してきた日。
神戸に来て、1年が過ぎた。

たくさんの体験をした一年だった。

霊的わたしを体験した年でもあった。

コミットをするかしないかの大事な一年だった。

今、わたしはラブスピースのレッスンから離れている。シップのみの参加となっている。
わたしが自分で選んだこと。

霊的成長するのに手放すことができないもの。を手放す一年にしようと思う。

わたしの奥底に眠る恐れ。競争心・傲慢・自己卑下・怒り・悲しみなど
マイナスのエネルギー。

見たくなかった自分の側面とのワークが必要なのだと思う。

はっきりいって内を見るのは好きじゃなかった^^;

今までもやってきた。でも、ほんとの核の部分のわたしは見たくないのだった。
だから、何度も繰り返してきた。

許しの大事さをしみじみ思う。

意識の中で、無意識に自分を責めていることを自覚し、コントロールできるようになりたい。

いつもどんなときも自分にやさしくするように。

罪悪感は手放そう。

といっても、間違いを見逃すのではなく、治していくこと。間違いを犯したことは自己責任とること。

自分を信じて。

今日の瞑想で、ひたすら赦していた。これまでの自分の体験したこと。自分の行い。これまでかかわった人々・友人達。
どれもわたしに必要な先生達だった。

息が荒くなり、鼻の付け根が広がるように感じた。
エネルギーがそこに抜けるような感じだった。

終わったあと、何かこころが軽くなったようだった。
瞑想って好きじゃなかった^^;
でも、いいもんだな〜と思った。

ウジュラームはわたしとともにいるんだな〜と思った。

赦されているんですよ。愛されているんですよ。たくさんたくさん言葉が降ってきた。

わたしは一人じゃないんだって思った。
自分を愛することの大事さを実感した日だった。

心の中の庭を豊かにしたいと思った。

今日、娘がベランダから外にでて、大地に種を蒔いていた。
朝顔の種を植えたらしい。
急に思い立って一人でやっていた。
先日は、花を植えていた。


Harmony  〜調和〜
支援クリックのご協力お願いします^−^
精神世界ランキング

2008年03月28日

3月ラブカードセッション中間2

3月24日に行った妙さんとのセッション
http://ktae.blog41.fc2.com/

妙さんは、今「ファーストサンダー」を読んでいると言っていた。
読んだことありますか?と聞かれた。

読んだことがある。蓮ちゃんの質問にも答え、ギフトを頂いた。

賞賛・感謝・愛・同情が平安をもたらす内容。

ガイドブックのスーパーアセンションを3月になってから読み返していた。
実践だと思って・・・。

この本も朋からギフトで頂いたものだ。
朋ブログ⇒http://jules.blog.shinobi.jp/

愛だな〜。と思った。


で、ラブカードセッションの妙さんのお題は、

「今、私が気をつけることは何ですか?」

飛び出したカード 自分を知る 95

右 日常はスピリチュアル 89
左 3

妙さんが
「日常はスピリチュアルって何ですか?日常的に、「これ、メッセージ事?」なことは結構あるので、その線に沿って進みましょう、っていう事なんかなあー」
と言った。

蓮ちゃんからのエッセンスをわたし流に思う「日常はスピリチュアル」を話した。

わたしは、今の自分環境は、自分で創り出したものだと思う。
家族も家も・・。
具現だから・・・。
具現はうそをつかない。自分を知ることになる。

スピをやってるときだけがスピではない。
イニシエやセッション中だけがスピじゃない。
日常暮らしていることがスピリチュアル。
霊性・愛から物質が創りだされる。
自分の愛が真実になればなるほど、霊性は進み、具現が変わる。

3はチャクラで感情。感情のバランスに、ファーストサンダーが役立つよ。

↑実践してなんぼだとつくづく思う。


つづいて、わたしのお題「今のわたしに必要なエッセンス」

左 二元性 87
右 誰もが特別の存在 104


うちのダンナは、私と正反対。で、ものずごく私と対立する。似てるところもいっぱいあるんだけど。
それはわたしが創造したからで・・・。

二元性で、誰もが特別な存在とは、わたしの中でスピを受け入れないダンナも、スピリットであることに変わりはないわけで・・・。

上記の内容のスカイプ会話中、

途中、妙さんに電話が入り中断。

わたしはメッセージだと思い、「もしよかったら、誰からで、男性・女性どちらからか教えてくれる?実践どころだと思う。」と伝えた。

妙さんのご主人からだった。

男性性からのメッセージ。

そこからお互いのダンナの話をした。

わたしはダンナに同じように探求をして欲しかった。で、コントロールになった。そこには配慮と思いやりが欠けていた。エゴだった。

夫婦間でコントロールは制限つきの関係。機能不全。
聖なる関係は、コントロールなし自由。


日常でスピリチュアルを直に感じられるのは、パートナーシップだとつくづく感じる。自分を知る。

パートナー間で、賞賛・感謝・愛・同情を実践していたら・・・・。と思う。ずっと前に知っていたのに・・・。


スーパー・アセンションより抜粋

真の同情とは、苦しみが誤って理解されていることを見て取り、それは悟りのためには絶対に避けられない出来事であると認識し、さらにそのことを分かち合うことによって苦しんでいる人の意識レベルを上げてやることです。
これを、相手に軽蔑したような態度や、優越的な態度でやってはいけません。完璧な愛をこめてやるのです。



実践どころは、

「素晴らしい。ありがとう。愛してる。」を言葉に出すこと。
すると、同情は副産物のように現れる。

感情の嵐が来たら、自分に優しく語りかけよう。
自分を愛するために。


Harmony  〜調和〜
支援クリックのご協力お願いします^−^
精神世界ランキング

3月ラブカードセッション中間1

3月21日 SHUちゃんとのセッション
SHUちゃんブログ
http://shuchan.seesaa.net/

わたしのお題「遊ぶ・楽しむには?」
左 3
右 創造 92

右手でもう一枚お願いした。
扉を開けて 37


私は、遊びや楽しみは、高次からは、3を注意することとメッセージがきた。顕在のわたしは、創造=想像すること。扉を開けてかな^^
「shuちゃんは、どう感じますか?」と聞くと、

「3なので、最近の夢メッセージは何かありましたか?」

ドリームブックから、「3の意味は、夢には精神的霊的なメッセージがあります、と本には記載されています。」と伝えてくれた。

「先日蓮ちゃんが夢は大切にしたほうが良いと言ってました。」とのこと。

蓮ちゃんブログ
http://ryu-and-ren.seesaa.net/


私が見た夢は・・・・。

夢に蓮宅が出てきて、ベランダに私がいるの。ベランダと言っても、すごく狭くて、すぐしたが見える。
その横に、蓮ちゃんがいて、笑ってて、下に落ちそうになるのを私が助けた。左手で。
場面変わって、部屋の中には、龍さんが左側で座り、何かしていて、蓮ちゃんを見ていない。そのおくの右側で外を眺めているゆきと蓮ちゃん。
わたしは黒い服を着てて、龍さんも着てた。ゆきと蓮ちゃんは白かった。もっちはみえないけどいたと思う。

龍さんブログ
http://dragon-and-lotus.seesaa.net/
ゆきブログ
http://mugenlove.blog51.fc2.com/
もっちブログ
http://i-am.seesaa.net/


神我領域の外側で、神聖さを顕在の女性性が助けた。受容する手で。
神聖さの男性性は、本来なら右にいる男性性が左にいて動がとれていない。無意識の行動振る舞いの意図または手段で座っている。
神聖さの女性性は、守護の女性性とともに、外を眺めている。
守護の男性性はいるのだが姿は見えない。

わたしは、無意識の行動振る舞いの意図または手段で、神我領域の中を見つめている。



わたしの場合、神我領域、自我領域ともに、男性性の動が取れていない。


SHUちゃんは合宿中、蓮ちゃんに意識の継続を言われたそうだ。日常に戻っても・・・。


エッセンスだ。感謝。ありがとう。



SHUちゃんのお題は、「これからの仕事について」

まず、引く前に飛び出したカード2枚
波及(受容と拡大)97
共同創造 21

左 広い視野 102
右 エゴのフィルターでみている 98

もう一枚、左右でとのことで、

左 バランス 31
右 誰もが特別の存在 104


SHUちゃんは、
「現実の仕事と、スピリチュアル(カード)の視点とどのように理解すればよいですかね。」
「右 のエゴのフィルターでみているはどのような感じですか。」

仕事の面接・打ち合わせに行き、黒ズボンの左足部分を自転車の金具に引っ掛けて破ってしまったとのこと。

左足と言ったので、ナオは?と聞くと寝ているとのこと。

そして、SHUちゃんは、左足ではなく右足だと気づいて訂正した。

わたしは、「右足は男性性もしくは理性、頭だよね。」と言った。

SHUちゃんは「意識の継続は、スピの視点で動くことですか?」と聞いた。

「合宿中の意識なら最高じゃん♪」とわたし。

翌日、SHUちゃんから、セッションのお礼とともに、

仕事の意図がなんとなく解り、これからの仕事のテーマを「真実の拡大、真実を伝える」で実践していくようにするとメールをもらった。


素晴らしい!さすがだ。

SHUちゃんならできるよ。とお返事した。

Harmony  〜調和〜
支援クリックのご協力お願いします^−^
精神世界ランキング

2008年03月26日

3月ラブカードセッション月初2

3月16日にもう一人のシップパートナーとのセッション
妙さん
http://ktae.blog41.fc2.com/


まず私からカードを引いた。
妙さんのお題は、「穏やかさを保つには?」

左手 癒し 86
右手 目を覚ます 52

飛び出したカード 
God I am. 61


妙さんは、初めて「癒し」のカードがでたそうだ。
癒しは必要だ〜とも言っていた。過去の辛かったことや、嫌だったことがまだ残ってる感じだとも。

私は、癒しは赦しだな〜と思った。
わたしの反応。

妙さんは月初にご主人に怒り爆発だったそうだ。

妙さんの話を聞いていた。リンクするところも多々あり。

自分の男性性に対する怒りかと。。。。。

私を安心させる動が伴わないことだな。
言うこととやることが一致しないこと。
思ってることと一致しないこと。

ここ実践。怒りを上手に表現しよう。
怒りを出すと、そのまま自分に返ってくる。
愛を返したいものだ。

エゴがきても自分を安心させよう。エゴで返さない。


つづいて、わたしのお題「自分を愛すること」

左 インナーチャイルド(心の傷) 17
右 パートナーシップ(父母男女原理) 12


またまた直球なカードに笑ってしまった^^;
みごとにそのままだ。

潜在意識下のこころの傷をパートナーシップを学ぶことによって、変容させよだな。

実践なのだよ。内なる神とのパートナーシップ。ずっと言われている。

妙さんとの会話で、お父さんによく怒鳴られたそうで、子供にも同じことしている、ご主人にも投影だなと。

全くと言っていいほど、わたしもパターンは一緒だ。
実践あるのみ。自分の感情のコントロール。
そして思考は、わたしは無力な子供ではない。だな。

父やダンナに対する赦しが根本にいっていないのを感じた。男性性。これも実践。

Harmony  〜調和〜
支援クリックのご協力お願いします^−^
精神世界ランキング

2008年03月25日

3月ラブカードセッション月初1

わたしは自分を愛することを恐れ、進んでいくことを恐れていた。
そこには自分で自分を養うことの恐れがあった。
恐れの思考を抱き、自分で愛の道を選択しなかった。

今回のことで、わたしの世界は自分で創っていることを実感した。
まわりのせい、家族のせい、両親のせい、夫のせい、子供のせいにして生きてきたこともわかった。
もう目は背けられない。


わたしはいかに今まで、愛を注がれていたのかと思う。
つかまなかったのはわたし。

3月のシップは、探求を一から始める大事なシップ。
自分を愛することを。


3月4日のセッションはシップ初参加の
SHUちゃん
http://shuchan.seesaa.net/

SHUちゃんのパートナーはAryan Marga.のトリンhttp://torin.seesaa.net/

神聖さに沿うパートナーシップを組むふたり。
すばらしい。


わたしのお題は、

「自分自身を赦す」

初セッションのSHUちゃんは、いささか緊張ぎみ?かなと思うほど、丁寧だった。




一回目、左手:法則(原理・原則)24

二回目、右手:実践 13


そのときわたしは、持ってるコース本を読んで赦しについて、ワーク

しようと思っていた。

で、法則がわかってなかったので、ノートに書き出していた。

そのことをSHUちゃんに伝えると、

「私でもわかる法則の基本本はありますか?
基本知識が解らないとですね。」

とあり、伝えた。



「聖なる愛を求めて 〜魂のパートナーシップ」

ジョーン・ガトゥーソ著

生きる指針としてのスピリチュアルな法則


1.わたしたちが意識を集中すれば、その対象は大きくなる。

2.与えることは、受け取ること。

3.私たちは豊かな宇宙に住んでいる。

4.神聖な愛の力だけが、真の力である。

5.類は友を呼ぶ。

6.歓びは、分かち合いによって増幅する。

7.宇宙の法則は自由の法則。エゴの法則は束縛の法則。

8.宇宙の法則は、常に原因であって、結果ではない。


これらの法則は、Aryan Marga.で学んでいた。が、実践していなかった。自我領域で・・・。

エゴでの実践をしている自分を知った。



SHUちゃんのお題は、

「神聖さの基礎固め」

左手 結界・境界線 41

右手 笑い(ユーモア)≠ 深刻(ドラマ)94



引く前に飛び出したカード  あるがままに 80



エッセンス上 答えを急がない 33

     下 鍵 65


答えを急がず、ユーモアをもって、パートナーとの境界線を保
つことが鍵 あるがままに・・・。

わたしが実践するべきエッセンスでもあった。



トリン・SHUは、わたしにとって大事な仲間であり、未来のパートナー像を見せてくれているのだと思う。

トリンはやるべきことを実践し、探求者ではなかったSHUちゃんがシップ参加するまでになった。

愛以外のなにものでもない。


わたしはコントロールばかりだったな〜としみじみ思う。
高飛車だったのだ。


SHUちゃんの初シップをともにできて光栄だと思った。
ガイダンスで、シップを組むことになったのも、愛だなと。

わたしに気づきなさい。と伝えられていると思った。


Harmony  〜調和〜
支援クリックのご協力お願いします^−^
精神世界ランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。